「第10回日本蘇生科学シンポジウム」終了

Published on 2017年7月18日

日本周産期新生児医学会学術集会に併設して開催された、第10回日本蘇生科学シンポジウムも、会場に入り切れない程の本当に多くの皆さんのご参加をいただき、成功裏に終了することができました。 午前のシンポジウム 1 「母体救命を考える」から始まり、昼の埼玉医大田村先生の特別講演「NCPRの歴史」と続き、午後のシンポジウム2「ガイドライン2020に向けての課題」と、本当に興味深いセッションが終日続きました。開催に対して多大なご尽力をいただきました細野先生を始めとした日本周産期新生児医学会関係の皆様、本当にありがとうございました。また、ご発表の皆様、座長の労をお取りいただきました皆様、そしてご参加いただきました全ての皆様、ありがとうございました。 さらに最後は「JRC Okada Award」の表彰式が行われ、JRC名誉会長岡田先生からAwardに選ばれた横浜市大羽柴先生に表彰状と副賞が授与されました。おめでとうございます。 皆様、引き続き日本蘇生協議会を、そして「日本蘇生科学シンポジウム」を、よろしくお願いいたします。    

Read More

JRC オンラインジャーナル「JRC Newsletter」創刊

Published on 2017年7月17日

今年は日本蘇生協議会 JRC 設立から15周年の節目であり、一般社団法人化やホームペー ジの充実と共に、広報誌として JRC オンラインジャーナル「JRC Newsletter」が創刊されることとなりました。 第1号(創刊号)は、平成29年7月17日に横浜で開催予定の第10回 J-ReSS(Japan Resuscitation Science Symposium)に合わせて、オンラインジャーナルだけではなく、J-ReSS会場では冊子としても配布予定です。JRCのこれまでの歩みやG2015についてなどの興味深い記事も掲載されていますので、ぜひご一読下さい。 今後は季刊誌として年4回程度の発行を予定しており、引き続きJRC オンラインジャーナル「JRC Newsletter」をよろしくお願いいたします。   JRC オンラインジャーナル「JRC Newsletter」創刊号はこちらから JRC Newsletter_Vol1 No1  

Read More

「第10回日本蘇生科学シンポジウム」最終案内

Published on 2017年7月7日

第10回日本蘇生科学シンポジウム(10th J-ReSS)の開催が迫ってまいりました。「ご案内」が公開されましましたので、ご確認をお願いいたします。 【ご案内】第10回日本蘇生科学シンポジウム   第10回日本蘇生科学シンポジウム(10th J-ReSS)についてはこちらのホームページからご確認下さい。 http://jress10.umin.jp/index.html 日 時: 2017年7月17日(月祝) 終日 場 所: パシフィコ横浜 会議センター 3階第7会場(315号室) 参加受付場所 :  パシフィコ横浜 会議センター 2階エントランス 参加費 :  2,000円(当日受付のみとなり事前参加登録は行いません。また第53回日本周産期・新生児医学会学術集会に参加登録された方の参加費は無料です。※お支払いは現金のみとなります。ご注意下さい。)   第10回日本蘇生科学シンポジウム(10th J-ReSS)の詳細なプログラムについてはこちらからご確認下さい。 http://jress10.umin.jp/program.html   ぜひ多くの皆さんの日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)へのご参加をお待ち申し上げております。

Read More

「第20回日本脳低温療法・体温管理学会」でのランチョンセミナー「PCASトレーニング」のご案内

Published on 2017年7月7日

平成29年7月7日8日と、「第20回日本脳低温療法・体温管理学会」が熊本で開催されます。8日の昼に「PCASトレーニング」についてランチョンセミナーが開催予定です。「日本脳低温療法・体温管理学会」にご参加の方はぜひご参加下さい。皆さん、よろしくお願いいたします。  

Read More

「PCASトレーニングマニュアル追補版」のご案内と修正

Published on 2017年7月4日

皆さんご存知の通り、日本蘇生協議会から「PCASトレーニングマニュアル」が出版されており、PCASケアの実際をこれで学ぶことができます。 さらに脳波モニタリングなどの「神経蘇生」についても記載されている、「PCASトレーニングマニュアル追補版」も公開されていますので、ぜひご一読下さい。     「PCASトレーニングマニュアル追補版」の修正です。意識レベルに関する図「Full Outline of UnResponsiveness (FOUR) Score (Coma Scale)」の註に誤りがありました。以下のように修正をお願いします。   修正前 3気管挿管、Cheyne-Stokes呼吸   修正後 3非気管挿管、Cheyne-Stokes呼吸   よろしくご確認ご修正をお願いいたします。

Read More