HOME

JRC 日本蘇生協議会 WEBページヘようこそ

JRCニュース(新着情報)

「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)が7月上旬に発売予定

3月末にドラフト版(パブリックコメント用)としてJRCホームページに公開させていただきました「JRC蘇生ガイドライン2020」に対してたくさんの貴重なご意見をいただきありがとうございました。いただきましたご意見も参考にさせていただき、待望の「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)が7月上旬に発売予定です。発売開始までもうしばらくお待ち下さい。「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)もよろしくお願いいたします。   「JRC蘇生ガイドライン2020」 ーその命を繋ぎ止めるためにー

JRC蘇生ガイドライン2020が全て公表されました

皆様、お待たせしておりました、JRC蘇生ガイドライン2020が全て公表されました。なお一部ドラフト版では引き続きのパブリックコメントを募集しております。ぜひ多くのご意見をいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。 目次(ドラフト版公開順) 第1報 急性冠症候群 第2報 新生児の蘇生 第3報 脳神経蘇生 第4報 妊産婦の蘇生 第5報 普及・教育のための方策 第6報 一次救命処置 第7報 海外での課題 第8報 補遺…

「JRC蘇生ガイドライン2020」のページに「海外での課題」「補遺 新型コロナウイルス感染症への対策」「ファーストエイド」が公開

「JRC蘇生ガイドライン2020」のページに、第7報「海外での課題」、第8報「補遺 新型コロナウイルス感染症への対策」、第9報「ファーストエイド」のドラフト版(パブリックコメント用)が公開されました。ご確認をいただきぜひ多くの皆様からのパブリックコメントをお待ち申し上げております。 「JRC蘇生ガイドライン2020」のページ https://www.japanresuscitationcouncil.org/jrc-g2020/  

「JRC蘇生ガイドライン2020」のページに第6報「一次救命処置」が公開

第6報 一次救命処置 第6報は一次救命処置のドラフト版(パブリックコメント用)です。以下のファイルをご確認下さい。 BLSオンライン版ダウンロード (第6報:2021年3月16日公開) 上記のファイルをご確認下さい。ぜひ多くの皆様からのパブリックコメントをお待ち申し上げております。

JRC公式SNSページ


JRCトピックス

JRCの研究支援事業


日本蘇生協議会(Japan Resuscitation Council:JRC)

 日本蘇生協議会(Japan Resuscitation Council:JRC)は、救急蘇生科学に関する研究や内外の関連諸団体との連携協力等を行うことにより,我が国における蘇生教育の啓発・普及並びに安心で安全な市民生活の創造に貢献することを目的として発足した団体です。この目的に賛同した医学系の学術団体10団体や救急・蘇生教育を推進する関連4団体、計13団体で構成されており、以下の3つの事業を通じて目的を達成すべく、各団体が一丸となって努力しています。

  • 国際蘇生連絡協議会(International Liaison Committee on Resuscitation) 並びに近隣諸国との連携・協力を進めるための事業
  • わが国における蘇生教育の啓発・普及のための事業
  • 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する各種事業

 

代表理事からのご挨拶

 このたび日本蘇生協議会(JRC)は国内外における蘇生科学の更なる進展のために一般社団法人化致しました。その法人の代表理事を拝命し、これまでの内外における蘇生科学の進展に尽力されました岡田和夫前会長をはじめ諸先輩方の築き上げられました伝統を継承し更に発展する機会をいただいたことにお礼を申し上げるとともに、重責に身が引き締まる思いであります。本会は2002年に設立され、心肺蘇生法に関する世界的なガイドライン作成における日本の窓口として国際蘇生連絡委員会に参画し、アジア地域をまとめて国際コンセンサス作成に参画し、JRC蘇生ガイドラインを世界共通のレベルで、策定、公表してまいりました。この使命を達成するため、救急蘇生科学に関する学理及び応用について研究、知識の交換、会員相互及び内外の関連諸団体との連携協力等を行うことにより、救急蘇生科学の進歩と発展を図り、我が国における蘇生教育の啓発・普及並びに安心で安全な市民生活の創造に貢献することに、力を注ぎたいと思います。

 本協議会の活動を最大限に活かすため、理事や社員は一丸となり、国内外の心肺蘇生法に関する情報収集や的確な状況把握を行い、日本での蘇生科学の研究・発展・蘇生法普及と同時に、アジアの蘇生科学の進歩を世界に向けて発信する役割が必要であり、国内外との連携と新たなチャレンジを図る所存であります。どうか皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。

一般社団法人 日本蘇生協議会
代表理事 野々木 宏

Access Map