「救急蘇生法の指針2015(市民用)」の追補が公表

2020年5月26日 - Less than a minute read

厚生労働省(日本救急医療財団)から新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受けた「救急蘇生法の指針2015(市民用)」の追補が公表されました。

1)反応と呼吸の確認観察時には傷病者の顔にあまり近づき過ぎない
2)胸骨圧迫の前に可能ならばハンカチやタオルを傷病者の鼻口にかぶせる(マスクや衣服でも代用可)
3)胸骨圧迫のみの心肺蘇生を行う(人工呼吸は省略)
4)事後に速やかに石鹸と流水で手と顔を十分に洗う(傷病者の鼻口にかぶせたハンカチやタオルなどには直接触れずに廃棄する)

としています。ぜひご確認下さい。

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000123022.html?fbclid=IwAR2g4IwEpyGYm56810k6y-89BxAdX-fIWbXQc_r_ni-w_ShS1bOjFuLOHk8