今年の「Okada Award」表彰のご報告

2020年8月14日 - Less than a minute read

毎年、日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)の時に表彰がおこなわれています「Okada Award」ですが、今年はJ-ReSSがWeb開催となり表彰式はありませんでしたが、「JRC Okada Award最優秀演題賞」と「JRC Okada Award 特別賞」がそれぞれ以下の方々に授与されましたので、ご報告です。

JRC Okada Award 最優秀演題賞

京都大学大学院医学研究科 予防医療学分野・初期診療救急医学分野

岡田 遥平 先生

 「院外心停止の患者において ECPR 開始前のアシデミアは神経学的予後と関連する」

JRC Okada Award 特別賞

橋本・伊都地域消防指令センター/高野町消防本部

一柳 保 様

 「浴槽内の傷病者に対して一般の救助者が行う胸骨圧迫の質について」

岡田先生、一柳さん、おめでとうございます。お二人の受賞内容の詳細については、今後発行されます「JRC NewsLetter」にてご紹介する予定です。お待ち下さい。