第8回日本蘇生科学シンポジウム プログラムのご案内

Published on 2016年2月28日

平成27年5月19日 第8回日本蘇生科学シンポジウム プログラムのご案内 平成27年6月4日(木)、第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会にご協力頂き、下記のとおり富山市にて第8回日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)を開催致します。多数の皆様のご参加をお待ち致しております。 日    時: 2015年(平成27年)6月4日(木)  10:00~17:00 場    所: 富山国際会議場(2F 203・204会議室) 会    長: 奥寺 敬(富山大学大学院危機管理医学) 実 行 委 員:特定非営利活動法人 北陸救急災害医療機構 参  加  費: 5,000円 (第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会参加費 10,000円) ※第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会参加者は、無料で ご参加いただけます。 プログラムはこちらからご覧ください→

Read More

日本蘇生協議会出版部より書籍出版のお知らせ

Published on 2016年2月28日

平成27年4月21日 日本蘇生協議会出版部より書籍出版のお知らせ この度、日本蘇生協議会出版部第1号となる「心拍再開後ケアと低体温療法トレーニングマニュアル」を、5月2日より学樹書院から出版させて頂くこととなりました。 本書は、日本循環器学会学術集会の会場におきましても、出展予定の書店(神陵文庫、ワニコ書店、M&M、紀伊国屋、丸善)の各ブースにて展示・販売させて頂く予定です。(1冊2,000円+消費税)是非お手に取ってご覧ください。 どうぞよろしくお願い致します。 こちらからご覧ください http://www.amazon.co.jp/心拍再開後ケアと低体温療法-トレーニングマニュアル-日本蘇生協議会出版部-日本蘇生協議会/dp/4906502717  

Read More

第18回日本脳低温療法学会の御案内

Published on 2016年2月28日

平成27年3月4日 第18回日本脳低温療法学会の御案内 主題 「Targeted temperature management」 会期  2015年7月10日(金)、11日(土) 会場  アルファあなぶきホール(香川県県民ホール) 760-0030 香川県高松市玉藻町9-10 電話087-823-3131 学会公式Webサイトhttp://www.kms.ac.jp/~jabh18/ 会長  黒田泰弘先生 香川大学医学部救急災害医学講座 特別講演 「Targeted temperature management for post cardiac arrest syndrome」 (仮題) Niklas Nielsen, MD, PhD Department of Anesthesiology and Intensive care Helsingborg Hospital Department of Clinical Sciences, Lund University ランチョンセミナー 「Targeted temperature management for subarachnoid hemorrhage」 (仮題) Kees H. Polderman, MD, PhD Professor of Critical Care Medicine Department of Critical Care Medicine, University of Pittsburgh Medical Center 第18回日本脳低温療法学会を高松で開催させていただきます。テーマはTargeted Temperature Management (TTM)です。TTMは2013年のダラスのAHAでNielsenらの「成人心拍再開後昏睡患者の死亡率および神経学的転帰は、低体温療法と積極的常温療法とで有意差はない」で一気に有名になった言葉です。ただかなり前から、低体温療法を含めた体温管理療法の適応、管理方法などの世界的コンセンサスを作るためにTTMという言葉は提唱されてきています。その意味で今回はTTMの効果をアカデミックに再検討する学会にしたいと思います。 心拍再開後のTTMの適応基準・除外基準に関する研究については、2015年7月はちょうどILCORの2015 G作成が佳境に入っている時期と思います。重症頭部外傷に対しては日本のB-HYPO研究が世に出てsub analysisに引き続き、新しいRCTも始まっています。そして、重症くも膜下出血に対する積極的常温療法の適応と効果も日本がリードできる分野と思います。さらに重症脳梗塞に対するTTM、新生児低酸素性脳症に対するTTM、他いろいろな病態に対するTTMについても最新情報を共有できる学会にしていきたいと思います。 演題募集を開始しました(3月1日~3月31日)。この時期、四国、高松は非常に暑いですので、クールビスでお越しいただき、上記テーマに関して十分な議論をしてくださいますように、よろしくお願い申し上げます。

Read More

日本蘇生協議会(JRC)は一般社団法人化致しました

Published on 2016年2月28日

平成27年1月20日 このたび日本蘇生協議会(JRC)は国内外における蘇生科学の更なる進展のために一般社団法人化致しました。その法人の代表理事を拝命し、これまでの内外における蘇生科学の進展に尽力されました岡田和夫前会長をはじめ諸先輩方の築き上げられました伝統を継承し更に発展する機会をいただいたことにお礼を申し上げるとともに、重責に身が引き締まる思いであります。本会は2002年に設立され、心肺蘇生法に関する世界的なガイドライン作成における日本の窓口として国際蘇生連絡委員会(International Liaison Committee on Resuscitation, ILCOR)に参画し、アジア地域をまとめて国際コンセンサス (International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations , CoSTR: 心肺蘇生法の各国ガイドラインの基になるエビデンスを集約したもの)作成に参画し、JRC蘇生ガイドラインを世界共通のレベルで、策定、公表してまいりました。この使命を達成するため、救急蘇生科学に関する学理及び応用について研究、知識の交換、会員相互及び内外の関連諸団体との連携協力等を行うことにより、救急蘇生科学の進歩と発展を図り、我が国における蘇生教育の啓発・普及並びに安心で安全な市民生活の創造に貢献することに、力を注ぎたいと思います。 本協議会の活動を最大限に活かすため、理事や社員は一丸となり、国内外の心肺蘇生法に関する情報収集や的確な状況把握を行い、日本での蘇生科学の研究・発展・蘇生法普及と同時に、アジアの蘇生科学の進歩を世界に向けて発信する役割が必要であり、国内外との連携と新たなチャレンジを図る所存であります。どうか皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。 一般社団法人 日本蘇生協議会 代表理事 野々木 宏

Read More

第8回日本蘇生科学シンポジウム 演題募集開始のお知らせ

Published on 2016年2月28日

平成27年1月8日 第8回日本蘇生科学シンポジウム 演題募集開始のお知らせ 平成27年6月4日(木)、第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会にご協力頂き、下記のとおり富山市にて第8回日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)を開催致します。多数の皆様のご参加をお待ち致しております。 日    時: 2015年(平成27年)6月4日(木)  9:00~17:00(予定) 場    所: 富山国際会議場(2F 203・204会議室) 会    長: 奥寺 敬(富山大学大学院危機管理医学) 実 行 委 員:特定非営利活動法人 北陸救急災害医療機構 参  加  費: 5,000円 (第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会参加費 10,000円) ※第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会参加者は、無料で ご参加いただけます。 開催趣旨:日本蘇生協議会(JRC)では、今後の日本からの蘇生科学分野での新たな知見を期待してAHAで毎年開催されている新しい「心肺蘇生の科学」についての議論ReSS(Resuscitation Science & Symposium)に準じたJ-ReSSを過去7回、JRC参画学会の学術集会時に併催開催して参りました。つきましては第8回J-ReSSを第18回日本臨床救急医学会総会・学術集会の併設企画として、2015年6月4日に富山市にて行うことといたしました。2015年のILCORガイドライン改訂に向けて、我が国からも多くのエビデンスが発信され、国際的な貢献が期待されています。 本シンポジウムでは、「臨床救急領域の蘇生科学・神経蘇生」をテーマとし、シンポジウム、パネルディスカッション、教育講演、ランチョンセミナー等、様々なプログラムを企画しております。救急に携わる医療従事者の方々が、蘇生科学・神経蘇生についての幅広い情報交換と知識交流を行う場を提供したいと考えております。 また、HPにおいて演題を募集しております。みなさまのご応募をお待ちしております。 ⇒http://www.redmo.jp/JRESS/

Read More

第18回日本臨床救急医学会学術集会会期中に、第8回日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)を下記の日程で開催致します

Published on 2016年2月28日

平成26年12月19日 この度第18回日本臨床救急医学会学術集会会期中に、第8回日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)を下記の日程で開催致します。 多数の方々のご参加をお待ち致しております。 第8回日本蘇生科学シンポジウム ―臨床救急領域の蘇生科学・神経蘇生― 日  時:平成27年6月4日(木)9:00~17:00 場  所:富山国際会議場 会  長:奥寺 敬先生(富山大学大学院危機管理医学) 実行委員:第8回日本蘇生科学シンポジウム実行委員会 後  援:特定非営利活動法人 北陸救急災害医療機構 こちらからご覧ください→ http://www.redmo.jp/JRESS/  

Read More

第28回日本神経救急学会学術集会開催および

Published on 2016年2月28日

平成26年6月20日 第28回日本神経救急学会学術集会開催および 第4回神経蘇生(ISLS)シンポジウムのご案内 会    期 2014年7月11日(金)~12日(土) 会    場 熱海コンベンションホール(ホテルニューアカオ15階) 大  会  長 永山 正雄 (国際医療福祉大学熱海病院教授 神経内科、脳卒中・神経センター) 代表世話人 有賀 徹 (昭和大学病院病院長 日本救急医学会前代表理事) テ  ー  マ 神経救急蘇生から発信するサイエンスとアート 備    考 全員懇親会(7月11日17:30から、記念撮影あり) 学術集会HP http://www2.convention.co.jp/jne28/ 本学会は、脳卒中、意識障害、てんかん、心肺脳蘇生ほかの神経救急・集中病態とその治療に関する学会で、初の神経蘇生ガイドラインを策定、公表した学会として知られます。例年、救急医、神経内科医、脳神経外科医、内科医、集中治療医、コ・メディカルが多数集まり、講演、議論が和やかに熱く行われます。神経蘇生(ISLS)シンポジウムは、神経救急・集中治療の進歩を学ぶサテライトシンポジウムで、多くの医師、看護師ほかのコ・メディカル、学生が参加します。 本年は、米国Neurocritical Care Societyの初代理事長Thomas P. Bleck教授の招待特別講演、日本神経治療学会、日本てんかん学会との合同企画による非けいれん性てんかん重積状態に関する3学会合同シンポジウム、対談のほか、不随意運動に関する動画教育講演、教育セミナー「神経所見の診かた;個別実技指導(神経所見に関する疑問を個別に質問、準備・予約不要)」をはじめとした初心者にわかり易い入門的教育セッションも多数あります。  今回は発展著しい米国Neurocritical Care Societyとの学術提携締結、および日本神経救急学会フェロー制度(認定されればFJNEを称することが出来ます)導入後初の学術集会となります。この学会は医師のみならず、看護師ほか非常に多数のコ・メディカルも参加する学会で、また会員、非会員を問わず、どなたでもご参加出来ます。皆様のご参加をお待ちしています。  

Read More

第17回日本脳低温療法学会のご案内

Published on 2016年2月28日

平成26年5月27日 第17回日本脳低温療法学会のご案内 会期:2014年8月1,2日 会場:静岡沼津市プラサヴェルデ(JR沼津駅北口) 会長:静岡県立総合病院院長代理 野々木 宏 http://square.umin.ac.jp/jabh2014/index.html 本学会は、脳保護の最も有効な治療法としての低体温療法の有効性を基礎的、臨床的に検討する学術学会です。多くの領域が関連し、脳神経外科、脳卒中内科、集中治療、救急医療、循環器、小児/新生児の先生方とチーム医療として支える医療従事者が集う会です。脳卒中や脳外傷、また心臓発作後の心停止後の脳の保護に32-34℃程度の軽度低体温を行うことで、社会復帰できる例が増えて参りました。この領域は、国際的にも日本がリードしています。今回は、この治療法を加えた救急医療から集中治療で広く普及啓発を行うため、実地のトレーニングをJRCの後援のもとに国内初の試みとして併設致します。 関係の領域の先生方、看護師や臨床工学士のチーム医療を支える方のご参加をお待ちしています。 事務局 静岡県立総合病院救命救急センター長 登坂 直規

Read More

メディカルセミナーのご案内

Published on 2016年2月28日

平成26年5月12日 メディカルセミナーのご案内 テーマ:身体の元気を取り戻す ~しっかり知ろう!最新の心臓治療とは~ 日 時:2014年5月21日(水) 18:30開演 場 所:新宿住友ホール スカイルーム5 講 師:公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会 付属榊原記念病院 病院長 友池 仁暢 先生 詳細・ご予約は、下記をご覧ください http://www.brb.co.jp/medical/seminar.html

Read More

第7回J-ReSS御礼

Published on 2016年2月28日

平成26年3月11日 第7回J-ReSS御礼 第7回日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)が、3月1日(土)国立京都国際会館に於いて盛況のうちに終了致しました。 お忙しい中多くの方々にご参加頂き、誠にありがとうございました。 会長をお務め頂きました第41回日本集中治療医学会学術集会会長 氏家良人先生、実行委員長 野々木宏先生、事務局長 岡本知子様、NPO救命おかやまの皆様、その他ご尽力を頂きました多くの方々に厚く御礼申し上げます。 JRC岡田和夫会長よりの「第7回J-ReSS報告」 20140311J-ReSS

Read More