「JRC蘇生ガイドライン2020」のページに第2報「新生児の蘇生」が公開

「JRC蘇生ガイドライン2020」ドラフト版(パブリックコメント用)第2報「新生児の蘇生」が公開されました。 「JRC蘇生ガイドライン2020」ドラフト版の当初の公開予定はILCORのCoSTR発表と同じ2020年10月22日でありましたが、COVID19感染対策のため作成の遅延が生じ、すでにお知らせした通り全て揃っての公開は2021年3月を予定しています。可能な限り早く皆様に情報をお届けすべく「JRC蘇生ガイドライン2020」ドラフト版が完成した作業部会から順次「パブリックコメント用」として公開しておりますが、今回第2報として「新生児の蘇生」が公開されました。以下の「JRC蘇生ガイドライン2020」のページからご確認いただき、ぜひ多くの皆様からコメントをいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。 なおいただきましたパブリックコメントや外部評価を受けて、最終版を書籍として出版する予定です。こちらもお待ち下さい。

Read More

第13回J-ReSSでの「Okada Award」表彰のご報告

第13回J-ReSSでの「Okada Award」表彰のご報告 毎年、日本蘇生科学シンポジウム(J-ReSS)の時に表彰がおこなわれています「Okada Award」ですが、今年は第12回と第13回の2回のJ-ReSSの開催があり、先日東京医科大学で開催された第13回J-ReSSで、「JRC Okada Award最優秀演題賞」の表彰が岡田和夫先生からありましたので、ご報告です。 JRC Okada Award 最優秀演題賞 琉球大学医学部救急医学講座  福田 龍将 先生  「院外心停止の患者におけるエピネフリン投与までの時間と神経学的転機の関係」 福田先生、おめでとうございます。内容については今後のJRC Newsletterなどでご紹介をさせていただきますので、ぜひご確認下さい。

Read More