HOME

JRC 日本蘇生協議会 WEBページヘようこそ

JRCニュース(新着情報)

平盛勝彦先生を偲ぶ

平盛勝彦先生を偲ぶ  平盛勝彦先生の2022年4月4日の逝去の報に接し、平盛先生の薫陶を受けてきたものとして在りし日の平盛先生のお姿を偲びつつ、先生のご活躍の日々に思いを馳せたいと思います  平盛先生は、大学紛争真只中の1964年に京都大学を卒業され、1971年には多大学の精鋭が結集する東京女子医科大学 循環器内科に入局し、日本で最初の冠動脈疾患集中治療室(CCU)という循環器救急の第一線で多くのメンバーと質の高い診療を実践されました。1977年に国立循環器病センターが設立された当初より若き精鋭たちと共にCCUを開設され、その臨床的実践を全国へ広げました。私(野々木)がCCUのメンバーで参加したのは開設10年後でしたので、平盛先生とご一緒できたのは先生が1990年に岩手医科大学第二内科教授として赴任されるまでの3年間という短い期間でした。しかしその間、提示された課題を解決する方策を常に求められ、同時に夢を与えてくださいました。赴任された後も「CCUでの急性心筋梗塞の死亡率が5%以下になったことで満足していては駄目だ」と言い続けられ、平盛先生の「循環器救急医療のフォーカスは院外にある」とのコンセプトを厚生省循環器病委託研究として受け継ぎました。  平盛先生は岩手医科大学に教授として赴任された後、循環器診療の先進化を行うとともに、一般市民への心肺蘇生(CPR)の啓発を県の事業として開始しました。岩手医科大学・県医師会・県庁・県消防・県警・日赤県支部などでCPR普及事業推進会議を1993年に設立し、岩手県内でのCPRをアメリカ心臓協会(AHA)の1992年版ガイドラインに基づいたものに統一しました。我が国でのCPRの全国的な統一が2001年であったことを考えると、平盛先生が牽引された岩手県全域でのAHAガイドラインに基づくCPR導入が如何に先進的であり、我が国における近代CPRの先駆けと言えるものであったかがお分かり頂けると思います。平盛先生のこのご活躍と姫路循環器病センター 河村剛史先生の兵庫県民への100万人講習は我が国におけるCPR普及活動の双璧をなすものでした。このため、お二人の活動は2012年の日本循環器学会総会でAHA会長 Tomaselli先生から「日本におけるCPR普及活動20周年」としてAHA表彰を受けられました。  2000年前後には日本救急医療財団 心肺蘇生法委員会では、CPRの国際化や標準化を目指してわが国で統一した組織として日本蘇生協議会(JRC)の設立と国際蘇生連絡委員会(ILCOR)への参加が岡田和夫先生を中心に企画され、日本循環器学会から委員として参加されていた平盛先生はその活動に多大な貢献をされました。2000年には国際部会(現在のJRCの前身)でILCORとAHAとで作成した「国際蘇生ガイドライン2000」の翻訳に参画し、2002年にJRCが設立され、2006年のILCORへの参加へと繋がります。この平盛先生の想いとともに心肺蘇生法委員は野々木から菊地へと引き継がれ、また後に野々木はJRC 代表理事へ就任することになります。…

第14回蘇生科学シンポジウム「Okada Award」表彰のご報告

第14回蘇生科学シンポジウム「Okada Award」表彰のご報告   本日、第49回日本集中治療医学会(大会長:山形大学川前先生)に併設して、第14回日本蘇生科学シンポジウム(実行委員長:香川大学黒田先生)が開催されました。先日の地震の影響もあり完全WEBでの開催となりましたが、ご関係の皆様のご尽力で本当に素晴らしいシンポジウムとなりました、ありがとうございました。また多くの皆様のご参加をいただきありがとうございました。 毎年、日本蘇生科学シンポジウムの時に表彰がおこなわれています「Okada Award」ですが、今年は閉会式でWEBでの表彰式が開催されましたのでご報告です。「JRC Okada Award最優秀演題賞」は以下の通りです。   JRC…

第14回日本蘇生科学シンポジウム開催のご案内

第14回「日本蘇生科学シンポジウム」(第49回日本集中治療医学会学術集会に併設) 日時:2022年3月18日(金曜日)~3月20日(日曜日) 場所:仙台国際センター(第49回日本集中治療医学会学術集会に併設) 会長:山形大学医学部麻酔科学講座主任教授高度集中治療センター長 川前 金幸先生 第14回「日本蘇生科学シンポジウム」 日時:2022年3月19日(土曜日) 実行委員会委員長 黒田 泰弘(香川大学救急災害医学講座教授) 一般演題の募集も始まりました。2021年9月6日(月曜日)~9月24日(金曜日)にEメールでの募集となります。今年も最優秀演題「Okada Award」の表彰も予定されていますので、是非とも多くの演題の演題応募をお願いいたします。…

JRC公式SNSページ


JRCトピックス


JRCの研究支援事業


日本蘇生協議会(Japan Resuscitation Council:JRC)

 日本蘇生協議会(Japan Resuscitation Council:JRC)は、救急蘇生科学に関する研究や内外の関連諸団体との連携協力等を行うことにより,我が国における蘇生教育の啓発・普及並びに安心で安全な市民生活の創造に貢献することを目的として発足した団体です。この目的に賛同した医学系の学術団体10団体や救急・蘇生教育を推進する関連4団体、計13団体で構成されており、以下の3つの事業を通じて目的を達成すべく、各団体が一丸となって努力しています。

  • 国際蘇生連絡協議会(International Liaison Committee on Resuscitation) 並びに近隣諸国との連携・協力を進めるための事業
  • わが国における蘇生教育の啓発・普及のための事業
  • 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する各種事業

 

代表理事からのご挨拶

 このたび日本蘇生協議会(JRC)は国内外における蘇生科学の更なる進展のために一般社団法人化致しました。その法人の代表理事を拝命し、これまでの内外における蘇生科学の進展に尽力されました岡田和夫前会長をはじめ諸先輩方の築き上げられました伝統を継承し更に発展する機会をいただいたことにお礼を申し上げるとともに、重責に身が引き締まる思いであります。本会は2002年に設立され、心肺蘇生法に関する世界的なガイドライン作成における日本の窓口として国際蘇生連絡委員会に参画し、アジア地域をまとめて国際コンセンサス作成に参画し、JRC蘇生ガイドラインを世界共通のレベルで、策定、公表してまいりました。この使命を達成するため、救急蘇生科学に関する学理及び応用について研究、知識の交換、会員相互及び内外の関連諸団体との連携協力等を行うことにより、救急蘇生科学の進歩と発展を図り、我が国における蘇生教育の啓発・普及並びに安心で安全な市民生活の創造に貢献することに、力を注ぎたいと思います。

 本協議会の活動を最大限に活かすため、理事や社員は一丸となり、国内外の心肺蘇生法に関する情報収集や的確な状況把握を行い、日本での蘇生科学の研究・発展・蘇生法普及と同時に、アジアの蘇生科学の進歩を世界に向けて発信する役割が必要であり、国内外との連携と新たなチャレンジを図る所存であります。どうか皆様方のご支援をよろしくお願いいたします。

一般社団法人 日本蘇生協議会
代表理事 野々木 宏

Access Map