HOME > NEWS JRCからのお知らせ

NEWS JRCからのお知らせ

10月16日は世界蘇生連絡委員会ILCORが定める「World Restart A Heart (WRAH) Day」

毎年10月16日は世界蘇生連絡委員会ILCORが定める「World Restart A Heart (WRAH) Day」です。 日本蘇生協議会JRCも、2018年2019年と毎年10月16日に、日本国内の各国大使館の皆さんにお集まりいただきCPR/AEDトレーニングを開催してきましたが、2020年に引き続き2021年も新型コロナウイルス流行拡大で各国大使館の皆さんへのお集まりいただいてのCPR/AEDトレーニングの開催が難しい現状ですが、現在さまざまな企画を準備中です。またFacebookやTwitterでアナウンスさせていただきますので、よろしければぜひご参加ご検討下さい。 またWRAH dayの10月16日の前後は、JRCのホームページに掲載されている動画や絵本などでCPR/AEDについての再確認をいかがでしょうか。こちらのページからアクセス可能です。 https://www.japanresuscitationcouncil.org/aed/ CPRとAEDによる「Restart A Heart」で一人でも多くの方を心臓突然死から救命するためにも。よろしくお願いいたします。 https://www.ilcor.org/WRAH

医学界新聞「JRC蘇生ガイドラインのこれまでとこれから」

「医学界新聞」に日本蘇生協議会代表理事野々木先生の「JRC蘇生ガイドラインのこれまでとこれから」という記事が掲載されました。JRC蘇生ガイドライン2020のポイントも紹介されています。ぜひご一読下さい。 医学書院ホームページより引用:   2021.09.06 週刊医学界新聞(通常号):第3435号より

第14回日本蘇生科学シンポジウム開催のご案内

第14回「日本蘇生科学シンポジウム」(第49回日本集中治療医学会学術集会に併設) 日時:2022年3月18日(金曜日)~3月20日(日曜日) 場所:仙台国際センター(第49回日本集中治療医学会学術集会に併設) 会長:山形大学医学部麻酔科学講座主任教授高度集中治療センター長 川前 金幸先生 一般演題の募集も始まりました。2021年9月6日(月曜日)~9月24日(金曜日)にEメールでの募集となります。今年も最優秀演題「Okada Award」の表彰も予定されていますので、是非とも多くの演題の演題応募をお願いいたします。 第14回「日本蘇生科学シンポジウム」、多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。 実行委員会委員長 黒田 泰弘(香川大学救急災害医学講座教授)

「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)発刊

「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)発刊 お待たせいたしました。JRCホームページで公開していました「JRC蘇生ガイドライン2020」オンライン版(パブリック用)への皆様からのご意見を参考にさせていただき、「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)が医学書院様から発刊されました。「その命を繋ぎ止めるために」、ぜひ救急蘇生の現場でご活用下さい。 医学書院 「JRC蘇生ガイドライン2020」 ホームページ   https://www.igaku-shoin.co.jp/book/detail/107281  

「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)が7月上旬に発売予定

3月末にドラフト版(パブリックコメント用)としてJRCホームページに公開させていただきました「JRC蘇生ガイドライン2020」に対してたくさんの貴重なご意見をいただきありがとうございました。いただきましたご意見も参考にさせていただき、待望の「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)が7月上旬に発売予定です。発売開始までもうしばらくお待ち下さい。「JRC蘇生ガイドライン2020」書籍版(最終版)もよろしくお願いいたします。   「JRC蘇生ガイドライン2020」 ーその命を繋ぎ止めるためにー

JRC蘇生ガイドライン2020が全て公表されました

皆様、お待たせしておりました、JRC蘇生ガイドライン2020が全て公表されました。なお一部ドラフト版では引き続きのパブリックコメントを募集しております。ぜひ多くのご意見をいただけますと幸いです。よろしくお願いいたします。 目次(ドラフト版公開順) 第1報 急性冠症候群 第2報 新生児の蘇生 第3報 脳神経蘇生 第4報 妊産婦の蘇生 第5報 普及・教育のための方策 第6報 一次救命処置 第7報 海外での課題 第8報 補遺 新型コロナウイルス感染症への対策 第9報 ファーストエイド 第10報 小児の蘇生 第11報 二次救命処置 JRC蘇生ガイドライン2020

「JRC蘇生ガイドライン2020」のページに「海外での課題」「補遺 新型コロナウイルス感染症への対策」「ファーストエイド」が公開

「JRC蘇生ガイドライン2020」のページに、第7報「海外での課題」、第8報「補遺 新型コロナウイルス感染症への対策」、第9報「ファーストエイド」のドラフト版(パブリックコメント用)が公開されました。ご確認をいただきぜひ多くの皆様からのパブリックコメントをお待ち申し上げております。 「JRC蘇生ガイドライン2020」のページ https://www.japanresuscitationcouncil.org/jrc-g2020/  

病院COVID-19救急蘇生法マニュアル等を公開しました

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)流行下での一次救命処置(basic life support: BLS)/二次救命処置(advanced life support: ALS)については、国際蘇生連絡委員会(International Liaison Committee on Resuscitation: ILCOR)からエビデンスに基づいたコンセンサスと治療推奨(Consensus on Resuscitation Science and Treatment Recommendations: CoSTR)が発表され、JRC は、その翻訳と「CoSTRへの見解とわが国への適用」をホームページで公開しました。 しかし、病院内において迅速に救急蘇生法を実施するための統合的なマニュアルがなく、その要望が高かったため、CoSTRに基づく十分なエビデンスが蓄積されていない中でコンセンサスを得る議論を重ね、マニュアルとして作成をいたしました。 併せて、蘇生トレーニングについての手引きを作成しましたのでご活用ください。 病院COVID-19救急蘇生法マニュアルなど  

「JRC蘇生ガイドライン2020」のページに第6報「一次救命処置」が公開

第6報 一次救命処置 第6報は一次救命処置のドラフト版(パブリックコメント用)です。以下のファイルをご確認下さい。 BLSオンライン版ダウンロード (第6報:2021年3月16日公開) 上記のファイルをご確認下さい。ぜひ多くの皆様からのパブリックコメントをお待ち申し上げております。

1 2 18