HOME > NEWS JRCからのお知らせ

NEWS JRCからのお知らせ

第13回「日本蘇生科学シンポジウム」のご案内

第13回「日本蘇生科学シンポジウム」の開催が決まり詳細が公開されましたのでご案内です。 日時: 2020年11月21日(土) 場所: 東京医科大学 教育研究棟   (日本蘇生学会第39回大会に併設) メインテーマ:「JRCガイドライン2020を展望する 」 シンポジウム「JRCガイドライン2020を展望する」では、JRC蘇生ガイドライン2020作成委員の先生より、一次救命処置、二次救命処置、新生児蘇生、小児蘇生、妊産婦蘇生、脳神経蘇生、ファーストエイド、EITの9部門より、ガイドライン2020では何が変わり、その結果どのような蘇生が推奨されるのかを提示していただきます。また、心停止防止の観点から「小児妊婦を守る」と題して、心臓震盪や妊産婦救急に対して危機的状況に陥らなくするための方策を提示いただきます。さらに、新型コロナウイルス肺炎の世界的蔓延に対して、我が国における「コビット時代の蘇生」対応についてシンポジウムを予定しております。 一般演題の募集も始まりました。2020年7月20日(月曜日)~8月20日(木曜日)にEメールでの募集となります。今年も最優秀演題「Okada Award」の表彰も予定されていますので、是非とも多くの演題の演題応募をお願いいたします。 第13回「日本蘇生科学シンポジウム」、多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております。

第12回日本蘇生科学シンポジウム 再度のご案内 (京都での開催は中止)

開催が延期され、京都での開催が予定されていました第12回日本蘇生科学シンポジウム ですが、第84回日本循環器学会総会の京都での開催が中止となりWebでの開催となりましたことに伴い、開催形態が変更となりました。 7月31日の京都での開催は中止となりました。WEBによるオンライン開催への変更となります。 学術集会期間 : 7月27日(月)~ 8月2日(日) オンデマンド配信 : 学術集会終了後も10月31日(土)まで配信継続 7月31日の京都での開催はありませんので、くれぐれもご注意をお願いいたします。ぜひWebオンデマンドでのご参加をお待ちしております。 ぜひJRC蘇生ガイドライン2020作成に向けてご一緒に「CPRを再考」しませんか!?多くの皆様のWebオンデマンドでのご参加をお待ち申し上げております!! HOME

重要なお知らせ:JRC蘇生ガイドライン2020作成作業の延期のご連絡

皆様に於かれましては、このたびのCOVID-19による地域や医療機関での危機的状況に懸命な対応にご尽力されているかと存じます。様々な職種の方々がそれぞれの専門性を発揮して、COVID-19に立ち向かっていただいていることに心より敬意を表します。 日本蘇生協議会(JRC)では蘇生科学に基づいたガイドライン作成を国内の会員学会・団体の総力を挙げて本年度内での改訂に取り掛かっています。 現在、COVID-19の世界的な蔓延のため、ガイドライン作成のメンバーも日夜懸命に診療に従事しています。そのため当初の予定から少なくとも半年間作成を延期することにいたしました。 今のところドラフト版作成を今年度末(2021年3月)、出版を来年度の予定としたいと思います(それぞれの作業部会により早く公開ができる場合もあります)。重要なメッセージはこれまでと同様にホームページで公開を続けていく予定です。ご理解をいただけますようよろしくお願い申し上げます。 末筆ではございますが、皆様ご自身の体調管理には十分にご留意頂きますようお願い申し上げます。 令和2年5月28日             一般社団法人 日本蘇生協議会(JRC)             代表理事 野々木 宏              JRC蘇生ガイドライン2020 作成委員会一同

「救急蘇生法の指針2015(市民用)」の追補が公表

厚生労働省(日本救急医療財団)から新型コロナウイルス感染症の流行拡大を受けた「救急蘇生法の指針2015(市民用)」の追補が公表されました。 1)反応と呼吸の確認観察時には傷病者の顔にあまり近づき過ぎない2)胸骨圧迫の前に可能ならばハンカチやタオルを傷病者の鼻口にかぶせる(マスクや衣服でも代用可)3)胸骨圧迫のみの心肺蘇生を行う(人工呼吸は省略)4)事後に速やかに石鹸と流水で手と顔を十分に洗う(傷病者の鼻口にかぶせたハンカチやタオルなどには直接触れずに廃棄する) としています。ぜひご確認下さい。 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000123022.html?fbclid=IwAR2g4IwEpyGYm56810k6y-89BxAdX-fIWbXQc_r_ni-w_ShS1bOjFuLOHk8

日本臨床救急医学会「(消防機関による対応ガイドライン)新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う心肺停止傷病者への対応について」

日本臨床救急医学会より「(消防機関による対応ガイドライン)新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う心肺停止傷病者への対応について」が発表されました。COVID-19関係のページに追加させていただきました。消防機関の皆様にはもちろん、全ての医療従事者にご確認いただきたい内容です。ぜひご確認下さい。 https://jsem.me/news/post_3.html 「(消防機関による対応ガイドライン)新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う心肺停止傷病者への対応について」 https://jsem.me/news/items/公表%E3%80%80新型コロナウイルス感染症の拡大に応じた心肺停止傷病者への対応について(消防機関による対応ガイドライン).pdf COVID-19関係

ILCOR国際コンセンサス COVID-19関係 翻訳とJRC見解

ILCOR国際コンセンサス COVID-19関係 国際蘇生連絡委員会(ILCOR)とともにJRCでは、蘇生ガイドライン改訂に向けて準備を行っています。COVID-19の世界的な蔓延のため、ILCORから心停止に対するCPR時の感染リスクとその対策についてのエビデンスに基づいた国際コンセンサス(CoSTR)が優先的に発表されました。パブリックコメントを求めているドラフト版ではありますが、できるだけ早くその情報を皆様にお伝えするため、内容の翻訳と我が国での活用についてJRCの見解を付記しました。 ぜひご確認下さい。 JRCからの勧告 (CoSTRの詳細やJRCの見解についてはファイルを参照ください) ① 胸骨圧迫のみの場合も含めCPRはエアロゾルを発生させる可能性があることには、わが国においても留意する必要がある。② COVID-19パンデミックの状況では、市民救助者(人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思がある救助者も含む)は、成人の心停止に対して、胸骨圧迫のみのCPRとAEDによる電気ショックを検討することを提案する。③ COVID-19パンデミックの状況では、人工呼吸の訓練を受けており、それを行う意思がある市民救助者が、小児に対して、胸骨圧迫に加えて、人工呼吸を実施してもよいと考える。④ 胸骨圧迫のみの場合も含めCPRはエアロゾルを発生させる可能性があり、傷病者がCOVID-19の感染の可能性が疑われる場合には、医療従事者は、眼・鼻・口を覆う個人感染防護具(アイシールド付きサージカルマスク、あるいはサージカルマスクとゴーグル/アイシールド/フェイスガードの組み合わせ)、キャップ、ガウン、手袋の装着に加え、N95マスクの着用が必要である。⑤ 迅速な電気ショックが求められる状況において、医療従事者がエアロゾル発生に備えたPPEを着用する前に電気ショックを実施することは許容される。 令和2年4月14日 一般社団法人 日本蘇生協議会JRC蘇生ガイドライン2020編集委員会一同 ILCOR国際コンセンサス COVID-19関係 翻訳とJRC見解 のホームページ

COVID19関係 特設ページ開設

皆様に於かれましては、このたびのCOVID-19による地域や医療機関での危機的状況に懸命な対応にご尽力されている方が多いと存じます。様々な職種の方々がそれぞれの専門性を発揮して、COVID-19に立ち向かっていただいていることに心より敬意を表します。 日本蘇生協議会(JRC)では蘇生科学に基づいたガイドライン作成を国内の会員学会・団体の総力を挙げて2020年改訂の準備を行っています。これは所属している国際蘇生連絡委員会(ILCOR)のエビデンスに基づいた国際共通の勧告をもとに作成されます。 現在、COVID-19の世界的な蔓延のため、ガイドライン作成は一時休止し、ILCOR参画の各国の蘇生協議会からCOVID-19に関する情報提供が行われ、またJRC参画の各学会からも提言が行われています。 皆様方に役立つと思われる各ホームページやリンク先、資料をご紹介いたします。どうぞご利用いただき、少しでもCOVID-19拡大の予防や重症化防止の一助になれば幸いです。 国から緊急事態宣言がだされCOVID-19拡大は留まる気配を見せていませんが、収束に向け皆様方のご尽力に期待したいと思います。 末筆ではございますが、皆様ご自身の体調管理には十分にご留意頂きますようお願い申し上げます。 令和2年4月10日一般社団法人 日本蘇生協議会代表理事 野々木 宏広報委員会一同

COVID19に関する国際蘇生連絡委員会(ILCOR)のSystematic Reviewの最終版が「COVID-19 Practical Guidance for Implementation」として公開されました

COVID19に関する国際蘇生連絡委員会(ILCOR)のSystematic Reviewの最終版が公開されました。日本からJRCからコメントをお出しいただきました皆様、ご協力をいただきありがとうございました。世界で猛威を振るっているCOVID19ですが、ぜひILCORのsystematic reviewをご確認いただきご活用下さい。またILCORのホームページにはこれに関する「COVID-19 Practical Guidance for Implementation」が公開されています。ぜひご確認下さい。 https://www.ilcor.org/covid-19

第12回日本蘇生科学シンポジウム開催 再度のご案内(京都での開催は中止)

開催が延期されていました第12回日本蘇生科学シンポジウム (第84回日本循環器学会総会会期中) の再開催の詳細が決まりましたので、再度のご案内です。 (開催形態が変更となり、7月31日の京都での開催は中止となりました。Webでのオンデマンドでの配信を検討しています。また詳細はご案内予定です。くれぐれもご注意下さい。) 日時: 2020年7月31日(金)8:45〜16:45(予定)場所: グランドプリンスホテル京都     (B2Fゴールドルーム)     (第84回日本循環器学会学術集会会場内)参加費: 3,000円     (第84回日本循環器学会学術集会参加者は無料)メインテーマ:「CPRを再考する」        JRC蘇生ガイドライン2020作成に向けて ぜひJRC蘇生ガイドライン2020作成に向けてご一緒に「CPRを再考」しませんか!?多くの皆様のご参加をお待ち申し上げております!!

国際コンセンサス:通信指令員の口頭指導によるCPR をアップ

国際蘇生連絡委員会(ILCOR)により公開された国際コンセンサスとJRCの今後の方針については既に方針をホームページにもアップさせていただいております。ILCORにより、国際コンセンサス2018 : 通信指令員の口頭指導によるCPR、が公開され日本語訳が完成いたしましたので、ホームページにアップいたしました。「ILCOR国際コンセンサス2017-2020」のページからぜひご確認下さい。今後も適宜情報を公開させていただきます。